RUGVIVA (日本ラグビー協会)

アクセスカウンタ

zoom RSS Pick up Player:佐々木隆道【気持ちが揺さぶられたあの場所へ】

<<   作成日時 : 2007/04/28 16:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

画像


 日本代表スコッド選出に関しては、シーズンを通してのパフォーマンスで選んでくれたということで、自信にもなったし、自分のプレーを見てくれる人もいるんだなと思いました。
スコッドに選ばれてから1ヶ月間、フィットネステスト(3月27日@国立スポーツ科学センター)に向けて自分なりにトレーニングをしていたのですが、思ったより結果が良くなかったんです。 そんな中で、日本代表に選ばれたということを聞いたときは、ただただ嬉しかったです。

 そして、日本代表合宿に参加してみて、世界で一番スピーディーなラグビーというビジョンもしっかりあって、それを試合で実践する為に必要な練習プランも明確です。これをやっていけば、いいチームになっていけるのではないかと思っています。
 チーム全体が、JKについていこうという気持ちになっていますし、このチームでやっていきたいと思えるようなチームです。最初は、小さい時から見ていた人たちがたくさんいて不思議な感覚でしたが、今は、どうやってこの人たちを超えて行こうかと思えるようになってきました。
 
 僕にとって日本代表は、“憧れ”でした。でも、今度は、日本代表の佐々木隆道と言われたい。入ることが目標でしたが、選ばれ続けて、日本代表をしっかり強くしていくことに魅力を感じています。

 日本代表の試合で印象に残っているのは、早稲田2年生の時、オーストラリアで見た前回のW杯のスコットランド戦です。それまでは、僕自身、日本代表というよりは、海外で活躍したいと思っていたので、日本代表にそれほど魅力は感じていませんでした。
しかし、あの試合で自分の中にある気持ちが揺さぶられたんです。国の代表として世界と戦うということを強く感じましたし、見ていて勝手に体が動いてしまうような変な感覚でした。
僕にとってW杯は、絶対に手に入れたいものです。日本代表のジャージを着て、W杯でプレーをしたいと思っています。そして、そこで勝ちたい。まだ、その場所にたつ自分をイメージ出来ませんが、まずはクラシック・オールブラックス戦までに自分を出し切って、パシフィック・ネーションズカップのメンバーに残れるよう頑張りたいと思います。

 明日、初キャップとなる香港戦を迎えますが、いい緊張感の中で過ごせています。これまで支えてくれた家族・恩師に感謝の気持ちをもって、ジャージに恥じないプレーをするために最高の準備をして試合に臨みます。そして、試合を楽しみたいと思います。

 僕のアピールポイントは、動き出しの速さ。試合中は、プレーとプレーの間の動き出しの速さを見て欲しいです。そして、FLとしての新しい自分を見て欲しいと思います。FLというポジションでプレーすることに関しては、ユースでもチームでもプレーしているので戸惑いはありません。

 ファンの皆さんには、見ていてこれが日本のラグビーだと思ってもらえて、凄く楽しんでもらえるようなラグビーを必ずするので是非、応援をお願いします。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
芸能人目撃情報ブログ
芸能人のプライベートは誰もが気になるところですが、季節も暖かくなって、有名人を見かける機会も増えるかも!? というわけで、今回も人気アイドル、セクシー女優たちの目撃情報をご紹介。 ...続きを見る
芸能人目撃情報ブログ
2007/04/28 19:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
頑張れ 佐々木!!!
さんぼ
2007/05/08 12:42
タカミチ、FIGHT!!
まさ
2007/05/17 23:52
低く、激しく!期待しています。
おっさん
2007/05/19 11:11
佐々木選手のオープンサイドFLには結構期待しています。「佐々木あるところに勝利あり」なので本音を言うとかなり期待しています。これしか言えないけど「がんばれぇ〜!」
TEDZ
2007/05/25 13:54
★敗者の思考法↓

@もっと早くJKがHCになっていれば

A日本のラグビーが完全プロ化していれば

B日本人の体格がもっと大きければ

C相手がミスをしたから日本は勝てた。

★勝者(日本代表)の思考法↓

@W杯で戦う前から、変えようのない過去を悔やむのは敗北を招き寄せるおまじないと全く同じ

我々は今からW杯本大会までに修正可能なことだけに集中する。

JKがHCになったのは日本がW杯で勝つために最高のタイミングだ。

Aプロは自分の生活がかかっている危機感を持って戦うが

侍(サムライ)は、自分より大きな、守るべき大切なものを背負っている責任感・危機感から

私≠捨てて戦った。

BJKが言うようにコンタクト面で強豪国との差は無くなってきている。

さらにウエイトトレーニング&コンタクト練習に力を入れ、ブレイクダウンで圧倒してやろう。

C日本がミスをしたから相手は勝てた。
日本代表のファン(大久保)
2007/05/27 11:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
Pick up Player:佐々木隆道【気持ちが揺さぶられたあの場所へ】 RUGVIVA (日本ラグビー協会)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる